一枚板入荷致しました!!

皆様こんにちは!
目黒・千葉船橋インテリアショップBRUNCHです。

=========================

今回は、BRUNCH一枚板店に

沢山の一枚板が入荷致しましたので、一枚板のご紹介を致します。

 

これだけ数多くの一枚板が入荷致しました!!
写真では伝わりにくいですが、一枚板の大きさと厚みは実際見ると
とても迫力があります。

 

 

こちらは世界三大銘木の1つのマホガニーです。
ちなみにマホガ二ーには3種類あります。
・キューバン・マホガニー
・ホンジュラス・マホガニー
・メキシカン・マホガニー
総称してマホガニーと言われています。

木材の表面に赤、橙系の美しい色調があります。
木の皮に近い辺材と中心部の心材の色の差がはっきりとしていて、
辺材は黄色白、心材の色は淡赤色から暗赤褐色まで様々です。

マホガニーの場合、初めは全体的に淡い色をしていますが、
経年変化によって赤褐色に深みが増していくのが特徴です。

木の繊維自体にも光沢があり、
年月を経ると更に高級感のある美しい仕上がりを見せる木材です。

 

 

 

 

こちらはクラロウォールナットです。
クラロウォールナットは、アメリカンブラックウォールナットに、
ヨーロッパから持ち込んだイングリッシュウォールナット(別名ヨーロピアンウォールナット)を接ぎ木して生まれた種です。

クラロウォールナットの特性として辺材は淡い黄褐色、
心材は濃い赤褐色で美しい縞模様が特徴です。

瘤杢(こぶもく)と呼ばれる杢があり別名ではバール杢とも呼ばれています。
パールとは木の根元にできるボコボコとした瘤のような部分です。

クルミ科の樹木で数ある木材の中でも高級で希少な素材で、
なかなか大木には育たず成長も遅いです。
幹が1メートルに育つまでに150年余りかかるとも言われています。

銘木と言われ、幻の木とさえ称されています。

 

 

 

ウォールナットとクラロウォールナットです。

ウォールナットも世界三大銘木の1つで
高級感や重厚感を感じる材です。

色合いは元々深みのある茶色をした色ですが、
時間が経つにつれ明るい色合いへと変化していきます。

適度の油分を含んでいるので、色合いの変化とあわせて光沢も増し
光り輝くような美しさを感じられます。
人が触れて使い込んでいくことで味のある風合いになっていきます。

衝撃にも強く、傷つきにくく、凹んだりしにくいので丈夫な材です。
またウォールナットは硬い樹種であるため、
触った時にツルツルとしていてとても触り心地が良いです。

 

 

クラロウォールナットとトチです。


とてもキレイなトチの縮み杢です♪

トチの色合いは大きく分けると
・金色のような光輝く色合い
・白く光る色合い
・赤みを含む色合い
に分けられます。

トチは白い部分に大きな価値があるとされています。
特に全体が白いトチは、とても貴重です!

見た目の印象も柔らかく、空間も広く感じさせてくれます。

手触りもシルクのような木肌で、光沢があるのが特徴です。

また和を感じさせないので、
モダンな雰囲気のあるダイニングテーブルになります。

 

一枚板はそれぞれ魅力が違い、
お好きな木目などをお選びいただけて
お気に入りのものを一生ものとしてお使いいただけます!

ダイニングテーブルをお探し中の方は、
緊急事態宣言が明けましたら、
是非一度、一枚板店の店頭にて一枚板もご覧下さい♪

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です