イルミネーション・観葉植物の紹介♪

皆様こんにちは!
目黒・千葉船橋インテリアショップBRUNCHです。

======================

今回は目黒本店のイルミネーションをUP致します♪

外観はこのような感じになっています!!

イルミネーションは写真で見るよりも実際に見た方が綺麗です(笑)

個人的には、ブルーのライトが好きです!!

去年、渋谷の青の洞窟に行ったときは綺麗すぎて衝撃を受けました!!

今年はまだイルミネーションを見に行けていないので

こうして見ていると他のイルミネーションも見に行きたくなります♪

 

気になったのでイルミネーションについて調べてみました★

イルミネーションの起源は16世紀!!!

マルティン・ルーターという方が考えられたとされていて

夜に森の中で煌めく星を見て感動し、木の枝に多くのロウソクを飾ることで

その景色を再現しようとしたのが始まりです。

その後、電球イルミネーションを始めたのは…

白熱電球を発明したことで有名なトーマス・アルバ・エジソンで、

エジソンは発明品を売る為に、自分の研究所の周りを白熱電球で飾り付けたそう

です。これが、世界初の電球でのイルミネーションとされています。

日本に登場したのは明治時代で、なぜ冬にイルミネーションを行うかは

日が短く夜が長いから冬に適したイベントだからと知った時は納得しました!

ちなみにBRUNCH本店のイルミネーションはこのような感じです★

店内にもツリーがあちらこちらに飾られています♪

クリスマスツリーについても調べてみたら

知らないことがたくさんありました!

日本で最初にクリスマスツリーが飾られたのは1860年で

プロイセン王国公館です。

その後、横浜のスーパーマーケットの明治屋が、

1886年12月7日、横浜に日本初のクリスマスツリーを飾りました。

そのため毎年12月7日は「クリスマスツリーの日」に制定されています。

BRUNCHに飾られているツリーは大小様々★

ツリーは飾り付けが楽しいですね!!

ツリーの飾りにはそれぞれ意味があり、ツリーの天頂に飾る星は、イエス・キリ

ストが生まれたユダヤ・ベツレヘムの空に輝き、東方の三博士にその誕生を知ら

せたとされる「ベツレヘムの星」を表していると言われています。

また、色とりどりの丸いオーナメントボールには、

アダムとイブが口にしてしまった禁断の果実を象徴すると言われています。

 

ツリーの飾りにも深い意味があることを知りました。

 

今回はイルミネーションの他にも店頭でも販売しているグリーン達を

一部ではありますが、ご紹介致します!!

 

こちらはエバーフレッシュです。

小さな葉っぱが連なって鳥の羽のような大きな葉っぱを作り出します。

オジギソウのように夜になると葉が閉じるます。

昼と夜で違う葉姿が楽しめて、お部屋のインテリアとして人気です。

続いてフィカスウンベラータ。

ハートの形をした葉っぱが特徴的です。

オシャレな観葉植物なので雑誌やテレビなどでも取り上げられるくらい

人気の植物です。

日当たりのいい場所を好み、室内の明るい所で育てるのが理想的です。

比較的簡単に育てられる観葉植物です。

最後に、ハスノハギリ。

葉っぱに光沢があり、ハートの形をしていて

ハッキリと葉脈が出ている葉っぱです。

ハスノハギリは大きくなると10~20mにもなるようです!!

 

お好みの観葉植物はございましたでしょうか。

店頭での販売も行っておりますので

観葉植物を探されている方は是非見にいらして下さい♪

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です